Q&A

レーザー脱毛後の背中ニキビとは?

2018.09.01
脱毛

レーザー脱毛後に背中ニキビはできるの?

レーザー脱毛の後、気が付いたら背中にポツポツとニキビの様なものができてしまったことはありませんか。それ、ニキビじゃないかもしれません。レーザー脱毛後に発症するニキビの様なポツポツの原因を調べてみました。

レーザー脱毛後は、ニキビが出来辛いと聞いたことがある方も多いでしょう。レーザー脱毛を背中などに当てた際、レーザーの照射によって脱毛する皮膚やその周辺が殺菌されるため、ニキビの原因となる菌が殺菌されてニキビが出来辛いと言われています。しかし背中の場合は、常に見える位置でもないため、入浴時など鏡を見たときにしか分からないものですが、レーザー脱毛後にニキビのような発疹が出来たということ、実はけっこう多いのです。

つまりレーザー脱毛後でも、背中にニキビの様な発疹ができることがあるのです。でもこれ、ニキビだと思いますよね。出来てしまった背中のニキビにニキビ専用の薬品を塗布した方もいるでしょう。残念ながら、これニキビではない確率の方が高いのです。

実は背中ニキビではない脱毛後のブツブツの正体

では、レーザー脱毛の後に背中に出来る発疹は何なのか。これは毛嚢炎といいます。難しい言葉ですが、簡単に言えば皮膚炎です。でもニキビとは違う細菌によって発症するので、ニキビではなく毛嚢炎なのです。毛嚢炎が起きる場所は、毛穴の奥になります。人間の皮膚にある毛穴にはその奥に、毛包という毛根を作ったり保護するための袋が存在しています。

毛嚢炎はこの袋に細菌が入って起きる炎症なのです。毛嚢炎は脱毛の際に起きやすい炎症です。髭剃り後にポツポツ赤くなりやすい方や、脇のムダ毛処理後にポツポツ赤く小さな発疹が出たことありませんか。それが毛嚢炎です。ニキビは毛嚢炎に似た症状の場合もありますが、正しくは同じものではないのです。

毛嚢炎を直すためのケアとは

毛嚢炎は、背中などのレーザー脱毛の後に起こりやすいものですが、原因としてレーザーの熱や殺菌効果が過剰に毛包を刺激したり、周辺が脱毛の影響で過敏になっている場合に発症すると言われています。ニキビよりも小さく、痛みなどもないため気付かない場合も多いのですが軽く考えてしまっては危険です。

毛嚢炎は炎症ですから、無理に力を入れたりすると化膿したり、痕になってしまったりします。背中に小さなニキビ痕のようになってしまったら悲しいですね。そのためレーザー脱毛後、背中などにニキビの様な毛嚢炎を見つけたら、清潔にすることです。また早く治したい場合には皮膚科で投薬を処方してもらうのも一つの方法です。毛嚢炎は肌を清潔に優しく保つことで防ぐこともできます。

≪ 前の記事

次の記事 ≫

Q&A一覧へ ≫

お問い合わせ
  • 無料メール相談
  • 無料 診療・カウンセリング予約
池袋院 0120-3888-25

 診察時間  [ 月~土 ] 11:00~20:00 / [ 日・祝 ] 11:00~19:00
電話受付時間 [ 月~土 ] 10:30~20:00 / [ 日・祝 ] 10:30~19:00

  • Facebookページを見る
  • instagramを見る
  • ブログを見る

ページトップへ