レーザートーニング

レーザー機器で肝班の悩みを解消

レーザートーニングは、「メドライト」という広範回に均 一のパワーを照射することができるレーザーを使用する画期的な治療法。
今まで治りにくいとされてきたしつこいシミや肝斑にも効果が期待できます。

レーザートーニングの主な効果・特徴

  • シミ専用レーザーでは困難とされてきた肝斑治療に効果的です。
  • 肝斑以外にも、シミやくすみ・そばかすなどの色ムラや毛穴の開きも改善します。
  • 施術後の副作用やダウンタイムがほとんどありません。
  • 施術の際にパチパチとしたような刺激があります。

肝斑について

肝斑は、一般的に30〜40代の女性に多く見られる薄茶色をしたシミの一種です。肝斑の原因は、女性ホルモンが関与していると言われており、閉経とともに消えるという報告もあります。その他、紫外線や摩擦など外部からの物理的な刺激、毛細血管の拡張なども肝斑ができる原因と考えられています。肝斑かどうかを見分けるのは医師でないと難しい場合があり、治療法を誤ると症状が悪化する可能性があります。
もしも「私のシミは肝斑?」と気になったら、医師に相談することをおすすめします。

レーザートーニングについて

レーザートーニングは、「メドライト(Medlite)」というQスイッチYAGレーザーを使用して、主にシミや肝斑を改善していく施術法です。
肝斑の治療法は、これまではトラネキサム酸・ビタミンCなどの内服や外用、イオン導入による治療がありましたが、レーザーや光治療では国難とされてきました。これは肝斑の場合、通常のシミと違いメラニンを作るメラノサイトがちょっとした刺激で活性化しやすい状態になっているため、シミ専用レーザーや光治療を行うとむしろ悪化する可能性があるとされているからです。
これに対し、レーザートーニングで使用する「メドライト (MedLite)」は広範囲にマイルドなパワーでレーザーを均一に照射するため、メラノサイトを活性化させる余計な刺激を与えることなく、蓄積したメラニンを少しづつ滅らしていくことが可能です。
回数を重ねるたびにメラニンの量が少なくなり、透明感のある肌へと導きます。

正常な皮膚組織をほとんど痛めません

  • 治療の際に出皿したり傷跡が残ったりする心配がありません。
  • レーザー光線はX線と異なり、赤外線・可視光線領域の波長の光なので安全です。
  • レーザー照射時の痛みは、輪ゴムをはじいた程度の痛みです。

効果・メリット

肝斑にレーザー治療が可能
レーザートーニングは、今までは不可能だった肝斑にレーザーで施術が行えるため、数か月かかったこれまでの治療法よりも短期間で効果が実感できます。
写真は30代女性のレーザートーニングでの術前と術後です。
30代女性:7回治療1週間後
肝斑以外のシミやくすみ、毛穴の開きも改善
肝斑だけでなく、シミやくすみなどの色ムラも改善が期待できます。開いた毛穴にも効果的で、ビンとハリのあるキメの整った肌に。
美肌治療ははじめてという方はもちろん、いままで色々な美肌治療をやってきたという美容上級者にもレーザートーニングはおすすめです。
ダウンタイム・副作用が無い
施術後に腫れなどの副作用が出る事は殆どなく、治療直後からお化粧も可能です。
ただし強くさわったりこすったりしないよう注意しましょう。

より効果を高めるために

施術の併用

レーザートーニングの施術と他の施術を併用して行うと更に効果的に治療を進めることが出来ます。
肝斑治療の場合、トラネキサム酸・ビタミンCなとの内服や外用、イオン導入(やケミカルビーリング)、また美白化粧品との併用してよい状態を保ちながら長くつき合っていくことが大切です。

レーザートーニング
お問い合わせ
  • 無料メール相談
  • 無料 診療・カウンセリング予約
池袋院 0120-3888-25

 診察時間  [ 月~土 ] 11:00~20:00 / [ 日・祝 ] 11:00~19:00
電話受付時間 [ 月~土 ] 10:30~20:00 / [ 日・祝 ] 10:30~19:00

  • 患者さまサポート相談室
  • 取材出演情報
  • プロの美を支えるクリニック
  • 徹底解説「レーザー脱毛の実際」
  • Facebookページを見る
  • instagramを見る
  • ブログを見る

ページトップへ