ケミカルピーリング

余分な角質を酸の力で除去して、肌をリセット

ケミカルピーリングは、酸を使って機能の低下した角質層をはがし、一度リセットする治療方法。
角質のターンオーバー(新陳代謝)を改善し、さまざまなお肌のトラブルを解決する治療です。

ケミカルピーリングの主な特徴

  • 酸で余分な角質層は除去し、肌の機能を正常にします
  • 余分な角質を無くす事で他の治療の効果を高めます
  • 肌質を柔らかくして、肌トラブルが起こりにくくなります
  • 肌のターンオーバーを促す事で、しみやくすみの解消に繋がります
  • 施術後しばらくの間、肌が多少乾燥しやすくなる場合があります

ケミカルピーリングについて

お肌のくすみ、小ジワ、シミ、ニキビ、ニキビあと、凸凹肌などの原因の多くは、 紫外線、ホコリによる汚れ、老化などによってお肌の新陳代謝の周期が乱れ肌の角質が蓄積されることにあります。
ケミカルピーリングは、その蓄積された古い角質を、サリチル酸マクロゴール又はグリコール酸によってやさしくピーリング(はく離)し、 新しい細胞への生まれ変わりをバックアップします。
肌のトラブルを解消して、若々しい素肌を取り戻します。
サリチル酸マクロゴールは確実に角質層のみに留まり、血中への吸収はほとんどないことから痛みや赤味が出にくく副作用は少ないといえます。

効果・メリット

ニキビ肌にはもちろん、様々なお悩みにも効果的
ターンオーバー(表皮の新陳代謝)が乱れる事により、お肌の細胞がうまく生まれ変われず留まることによって、肌荒れや、ニキビができる原因となります。 また、年齢とともにハリや弾力が無くなり小じわができるのも、このターンオーバーの機能が低下していることが原因と言われており 、ターンオーバーを整える事が大切だと言えます。 ターンオーバーを正常化することにより、コラーゲンの生成を含め、ニキビ肌の改善から 毛穴の開きの改善やアンチエイジングなど様々なお悩みに効果が期待できます。
他の治療の効果を高める
ケミカルピーリングは余分な角質を除去するため、他の美肌治療の効果を高めるという利点があります。 特に、アクシダームや光線治療などと併用して行う事で、単独で治療するより更に効果的な治療を行う事が出来ます。

リスクとその解消法

施術後しばらくの間、肌が多少乾燥しやすくなる場合がある

ケミカルピーリングの施術を行うと、肌から余分な角質を除去するため、肌が生まれ変わるまでの数日間、多少乾燥しやすくなったり、化粧のノリが悪くなったように感じる場合があります。 フェミークリニックでは、ケミカルピーリングの後にイオン導入と保湿パックを行う事で、肌が潤いを保てるよう施術を行っています。 また、当院医師によって保湿効果の優れた化粧品を選び、ご案内も行っておりますので、宜しければご利用下さい。

より高い効果を得るために

十分な保湿ケア・正しい洗顔を

ケミカルピーリングでの施術後、しっかりとした保湿ケアを行う事で肌の機能をより早く正常に戻す事が出来ます。 また、スクラブなどによる洗顔や過剰な洗顔は肌に刺激となりますので避けて頂くなど、正しい洗顔を行っていただく事もより効果を高めるために大切です。 施術の際、医師・スタッフから保湿や洗顔のアドバイスを致しますので、ご不明な点などありましたら遠慮なくお聞き下さい。

施術の併用

ケミカルピーリングの際はイオン導入を併用して行いますが、 その他にアクシダームや光線治療をお肌の悩みに合わせて併用頂くと、相乗効果により更に高い治療効果が期待出来ます。

お問い合わせ
  • 無料メール相談
  • 無料 診療・カウンセリング予約
池袋院 0120-3888-25

 診察時間  [ 月~土 ] 11:00~20:00 / [ 日・祝 ] 11:00~19:00
電話受付時間 [ 月~土 ] 10:30~20:00 / [ 日・祝 ] 10:30~19:00

  • 患者さまサポート相談室
  • 取材出演情報
  • プロの美を支えるクリニック
  • 徹底解説「レーザー脱毛の実際」
  • Facebookページを見る
  • instagramを見る
  • ブログを見る

ページトップへ