ロアキュテイン

治りにくいニキビに
飲むニキビ治療薬「ロアキュテイン」

治りにくいニキビに 飲むニキビ治療薬「ロアキュテイン」

ロアキュテインは、1982年に日本の厚生労働省にあたるFDA(米国食品医薬品局)が認可し、欧米を中心に世界各国で使用されている“飲むニキビ治療薬”です。
主成分であるレチノイドが皮脂の分泌やアクネ菌による炎症を抑え、治療が難しいとされる重度のニキビの改善に効果を発揮。

「これまでいろいろな治療を受けたけれど改善しなかった…」と、ニキビ治療に限界を感じている方にこそ試していただきたい治療です。

日本ではニキビ治療薬として未承認のため個人輸入は禁止されていますが、医師が輸入し、処方することは認められています。
美容皮膚科 池袋フェミークリニックでは、患者さまのお肌を丁寧に診察したうえで症状に合わせて処方いたしますので、ニキビにお悩みの方はぜひご相談ください。

ロアキュテインのニキビへの効果

  • 症状が進行した重度のニキビの改善が期待できる
  • ニキビの原因菌であるアクネ菌への抗菌・抗炎症作用がある
  • 皮脂を作り出す皮脂腺を縮小させる
  • 皮脂の分泌を抑えて症状の悪化を防ぐ
  • 細胞を活性化させて、お肌のコンディションを整える

ロアキュテインの用法・用量

ロアキュテインの用法・用量

1日2カプセルを食事中もしくは食後に服用します。
治療期間は1クール(16週~24週)が目安です。
症状の改善が見られない、完治しなかったなどの理由で治療を継続する場合は、8週間(2か月)以上間隔を開けてから2クール目を再開いたします。

なお、服用開始から約1~2週間は、ニキビの症状が一時的に悪化する恐れがありますが、約4~6週後には改善が見られます。
万が一、症状の悪化が長引くようであれば、お気軽にご相談ください。

美容皮膚科 池袋フェミークリニックでは、患者さまに安心して治療を受けていただけるよう、質問しやすい体勢・雰囲気づくりを心がけています。

ロアキュテインの成分・作用

ロアキュテインの成分・作用

ロアキュテインは、ビタミンAとその類縁化合物、誘導体の総称である「レチノイド」が主成分です。
ビタミンAには皮脂の過剰分泌の抑制や、お肌の再生サイクルであるターンオーバーを整える働きがあり、それらによって毛穴が詰まりにくくなります。
また、アクネ菌への抗菌・抗炎症作用も加わり、治りにくいとされる重度のニキビへの効果が期待できます。
さらに、細胞の活性化によってお肌の状態が整うことで、ニキビの再発防止にも効果を発揮します。

ロアキュテインを服用できない方

以下の項目に該当する方は使用できません。

  • 妊娠中の方
    ※女性は投与中と投与後6か月の避妊、男性は投与中と投与後1か月の避妊が必要です。
  • 授乳中の方
  • 成長期の方
  • 精神疾患や心疾患の方
  • 肝機能障害のある方
  • 中性脂肪、コレステロールの高い方
  • ビタミンA過剰症の方

副作用・注意点について

副作用・注意点について

ロアキュテインの服用により、粘膜の乾燥症状(唇・鼻の乾燥、ドライアイなど)、鼻血や頭痛などの副作用がみられる場合があります。
また、まれに吐き気や視力障害などの重度の症状があらわれることもあります。
気になる症状が出た場合は早めにご連絡ください。医師が速やかに対応いたします。

なお、美容皮膚科 池袋フェミークリニックでは血液検査(有料)をご用意しています。
検査結果にもとづく処方によって副作用のリスクが最小限に抑えられるので、ぜひご利用ください。

ロアキュテインの料金

※初診料・カウンセリング料・再診料は無料です。

※表示価格はすべて税込みです。

1カプセル(10㎎) ¥660
1か月分(60カプセル) ¥36,960

ロアキュテインのよくあるご質問

  • Q.

    服用時に気を付けることはありますか?

    A.

    ロアキュテインは必ず医師の指示に従って服用してください。自己判断で容量・用法を変更すると副作用が出る場合があり、危険です。
    また、頭痛や吐き気、視力障害などの症状が見られた場合は、すぐにご連絡ください。

  • Q.

    ロアキュテインの個人での輸入は可能ですか?

    A.

    日本ではニキビ治療薬として未承認のため、個人による輸入は禁止されています。
    医師が輸入し、個人に処方することは認められていますので、ご希望の方は美容皮膚科 池袋フェミークリニックにご相談ください。

  • Q.

    未成年でもロアキュテイン治療を受けられますか?

    A.

    未成年でも治療は可能です。
    ただし、治療には注意事項があるため専用の同意書をお願いしており、未成年の方は保護者の方のサインが必要です。
    また、治療を希望される場合は、保護者の方と一緒に来院してください。

  • Q.

    ロアキュテイン治療中に、レーザー治療は受けられますか?

    A.

    ロアキュテインは光の感受性を高めます。それだけに、基本的にはレーザー脱毛や光脱毛、レーザートーニングなどの光線系の治療はおすすめしません。
    ただし、レーザーの種類や出力の調整によっては可能な場合もあります。詳しくはご相談ください。

その他・ニキビ治療のよくあるご質問はこちら

お問い合わせはこちら

call 0120-3888-25

call 0120-3888-25

診療時間 11:00~20:00
※年末年始を除き無休

池袋フェミークリニックスタッフ

※フェミークリニックグループサイトに飛びます(外部サイト)

フェミークリニック
グループ院のご案内

関東エリア

関西エリア

TOP