シミの種類とその治療方法とは?

自分のシミの種類を知ることから始めよう!

シミの種類と治療法について

顔にシミがあると、全体の印象も老けて見えたり、疲れて見えたりと大きな悩みの種ですよね。
シミに悩む方の中には、周りの目が気になって、マスクや化粧で隠している方もいらっしゃるのでは?
シミは、できるだけ早く対処することがとても重要です。

しかし、一口にシミと言っても、様々な種類があります。
間違ったケアはシミが悪化する原因になる場合があるため、シミの種類に合った対処が必要です。
そこで今回は、シミ治療で多くの実績を持つ美容皮膚科である池袋フェミークリニックが、代表的な6種類のシミについて、特徴と原因・治療法をご紹介いたします。

シミには大きく分けて6つの種類がある!

シミには大きく分けて6種類あり、その特徴はシミの種類によって大きく異なります。
また、シミの種類によって効果的な治療方法も変わり、正しいと思っていたセルフケアが実は全く効果がなかったり、シミの状態を悪化させるきっかけになったり、という場合もあります。
まずは、ご自身のシミの症状がどれに当てはまるのか、確認してみてくださいね。

老人性色素斑

シミの種類①老人性色素斑

老人性色素斑は、顔中どこにでもできる円形のシミです。その大きさは様々で、一般的に「シミ」と呼ばれているものに当たります。
20代でもできることもありますが、30代以降の方に多く現れます。平らで境界が比較的はっきりしている茶褐色のシミです。
また、手の甲や腕にもできることがあり、年齢と共に数が増えたり、色が濃くなったりすこともあります。また、症状が悪化すると、脂漏性角化症に発展するケースもあります。

老人性色素斑の原因

老人性色素斑の主な原因は紫外線です。別名「日光黒子」とも呼ばれています。
紫外線の浴びすぎによって、お肌のメラニンが増加し、うまく肌から排出されずに残ると老人性色素斑ができます。

老人性色素斑におすすめの治療法

最新式のレーザーを使って直接シミを除去します。ダウンタイムが少なく、お肌に優しい治療です。

光と高周波の2つのエネルギーの作用によって、シミ・そばかすなど、様々なお肌のお悩みを解消します。

お一人おひとりの症状に合わせてレーザーの照射を調整し、的確にシミを除去します。ピンポイントのシミ治療に有効です。

そばかす

シミの種類②そばかす

目の下から頬骨にかけて、直径1~4mmの丸い小さなシミが複数できるのが特徴です。雀卵斑とも呼ばれます。
鼻根(鼻の付け根)や目の下・両頬にできることが多く、顔以外にも、背中や手に発生する場合もあります。

そばかすは、季節によって色が変化することも特徴の一つです。
特に、紫外線の強い春から夏にかけて色が濃くなり、目立ちやすくなります。色は、一般的なシミ(老人性色素斑)に比べて明るい黄褐色です。

そばかすの原因

そばかすは、遺伝との関連性が高いといわれており、早い方では3歳ごろから出始めます。
通常は大人になるにつれて、色が薄くなる、もしくは消える場合が多いため、そこまで心配する必要はありません。
大人になってもそばかすが濃く残っている・増えているなどの場合は、遺伝とは別の要因により発症した可能性があります。

そばかすにおすすめの治療法

最新式のレーザーを使ってそばかすを除去します。ダウンタイムが少なく、お肌に優しい治療です。

光と高周波の2つのエネルギーの作用によって、シミ・そばかすなど、様々なお肌のお悩みを解消します。

色素に反応するレーザーを使用して、そばかす以外のお肌を傷つけることなく、そばかすに直接アプローチできます。

肝斑

シミの種類③肝斑

肝班(かんぱん)は、頬骨のあたりを中心にもやもやと左右対称に生じるのが特徴です。目の周りを避けて発生し、場合によっては額や口周りに出ることもあります。

30~40代に多く見られ、妊娠中や卵巣腫瘍などの婦人科系の病気によってホルモンバランスが乱れて生じるケースもあります。
閉経後しばらく経つと薄くなる場合が多く、60歳以降になってから発症することは、ほとんどありません。

肝斑の原因

確かな原因は分かっていませんが、主に女性ホルモンの影響が大きいと言われています。妊娠や経口避妊薬が肝班の発症を促したり、症状を悪化させたりする特徴があるためです。
また、紫外線や摩擦といった刺激、ストレスによるホルモンバランスの乱れなども、肝斑の直接的な原因ではないものの、悪化させる要因ではあると言われています。

肝斑におすすめの治療法

最新式のレーザーを使って肝斑にアプローチ。ダウンタイムが少ない、お肌に優しい治療です。

アクシダーム

有効成分をお肌の深層部まで大量に浸透させることで、様々な肌トラブルを改善します。痛みがなく、ダウンタイムもないため、お手軽に始めていただけます。

酸を使って余分な角質層を取り除き、肌をリセット。ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を整え、シミやくすみなどのお肌のお悩みを改善します。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

シミの種類④ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は、額の両側や頬骨部にいくつかまとまって出現するシミです。鼻の穴付近にも見られることがあります。

実際には、シミではなく後天性のアザの一種です。アザと呼ばれる理由は、お肌の表皮に発生するシミとは異なり、真皮層に現れるという特徴にあります。
また、表皮に近いものから褐色→灰色→青色と色が変化して見えるのもADMの特徴の一つです。
早くて思春期から、20代~30代に多く現れます。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)の原因

ADMの原因は明確に特定されていませんが、遺伝や紫外線、ホルモンバランスの乱れが深く関わっています。
これらの原因によって、真皮層にメラニン色素が溜まり、色素が表面に透けて見えることで現れると言われています。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)におすすめの治療

色素に反応するレーザーを使用して、ADM以外のお肌を傷つけることなく、患部にアプローチできます。

色素沈着

シミの種類⑤色素沈着

シミとして残る「色素沈着」にはいくつかあり、中でもよくあるのが「炎症後色素沈着」です。
火傷・ニキビ・虫刺され・かぶれ・アトピー・切り傷など、様々な原因によって皮膚が炎症を起こし、その跡がシミとなってお肌に残ります。
炎症後色素沈着の発症に年齢は関係なく、誰にでも起こりえます。

自然に消滅することもありますが、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)や紫外線の影響によって残るケースもあります。
その場合、長年のメラニンの蓄積を自然治癒だけで改善することは難しいため、池袋フェミークリニックのような医療機関にご相談ください。

色素沈着の原因

上記でご説明したとおり、火傷・ニキビ・虫刺され・かぶれ・アトピー・切り傷などによる、皮膚の炎症が原因です。
炎症が起きるとお肌は新しい細胞を作り、ダメージを回復しようとします。その際に、メラニン色素が過剰に生成されてしまい、肌内部に残って蓄積されたものが「炎症後色素沈着」です。

色素沈着におすすめの治療法

最新式のレーザーを使って色素沈着にアプローチ。ダウンタイムが少なく、お肌に優しい治療です。

アクシダーム

有効成分をお肌の深層部まで大量に浸透させることで、様々な肌トラブルを改善します。痛みがなく、ダウンタイムもないため、お手軽に始めていただけます。

酸を使って余分な角質層を取り除き、肌をリセット。ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を整え、シミやくすみなどのお肌のお悩みを改善します。

脂漏性角化症

シミの種類⑥脂漏性角化症

30代以上の男女に多くできるシミの一種です。イボのように膨らんだ形をしているものもあれば、平らな物もあり、触るとザラザラしているのが特徴です。

顔はもちろん、手の甲と足の裏以外であれば身体のどこにでもできます。色は、茶色から黒っぽいものまで様々。 老人性イボとも呼ばれており、年齢と共にできやすいという傾向があります。

また、年齢とともに進行していくと、少しずつ大きくなったり、数が増えたりといったことも。
さらに、紫外線が原因でできるシミである「老人性色素斑」が悪化すると、脂漏性角化症に発展することもあります。

脂漏性角化症の原因

「老人性イボ」と呼ばれる通り、主な原因は老化によるものです。
長年の紫外線や摩擦によるお肌のダメージの蓄積が、イボとなって年齢と共に現れてきます。
また、全身にわたって急速に脂漏性角化症が発生し、かゆみが伴っている場合は、内蔵がんに付随して発症している可能性があります。早めにクリニックへ相談しましょう。

脂漏性角化症におすすめの治療法

CO2レーザー

炭酸ガスレーザーによって、皮膚の水分と共に細胞組織を蒸発させる治療です。他の皮膚組織を傷つけることなく、脂漏性角化症のみを除去します。

シミができてしまった!そんなときには…?

目立つシミができてしまったとき、なるべく早く治したいですよね。
しかし、シミができたからといって、無理にセルフケアを行うと、シミを悪化させてしまうかもしれません。そこで、シミができたときの正しい対処法について、ご紹介したいと思います。

保湿が重要!肌のバリア機能を高める

シミの対処法①保湿

シミ発生の大きな原因として指摘される紫外線は、乾燥した肌ほど奥まで入り込みやすいという特性を持ちます。
肌が乾燥すると、紫外線の影響を受けやすい状態になるのです。
また、肌が乾燥状態になるとターンオーバー(肌の生まれ変わり)が悪くなり、シミの原因となるメラニンを肌に残して蓄積してしまいます。

肌が乾燥している状態は、シミにとっては大敵です。肌に十分な水分や油分を与えて保湿をしてあげることで、肌状態が改善します。シミにとって肌の保湿は欠かせないものなのです。

クリニックに相談して治療を受けましょう

シミの対処法②クリニックに相談

前述したように、シミにはさまざまな種類があります。
シミの種類によって最適な対処方法は異なり、セルフケアで治すことができないシミもあります。
また、間違ったセルフケアが原因となって、シミが濃くなったり増えたりするといったリスクも。

シミ治療で最も大切なのは、正しい治療を行うことです。
池袋フェミークリニックのような美容皮膚科にかかれば、医師による適切な判断・アドバイスを受けられます。また、医療ならではの方法で、セルフケアよりも短期間でシミのお悩みを解決できます。
まずは、相談から始めてみてはいかがでしょうか。

シミ治療のご相談は池袋フェミークリニックへ

シミ治療のご相談は池袋フェミークリニックへ

美容皮膚科である池袋フェミークリニックでは、患者さまのシミの状態に合わせた治療を行うため、さまざまなシミ治療の方法を用意しています。

カウンセリングを丁寧に行い、まずはしっかりとシミの種類・状態を把握します。
医師・スタッフ一同、患者さま一人ひとりの悩みに寄り添い、安心してシミ治療を行えるような体制づくりを心がけています。
シミにお悩みの方は、池袋フェミークリニックへご相談ください。

お問い合わせはこちら

call 0120-3888-25

call 0120-3888-25

診療時間 11:00~20:00
※年末年始を除き無休

渋谷フェミークリニックスタッフ

※フェミークリニックグループサイトに飛びます(外部サイト)

フェミークリニック
グループ院のご案内